privacy

個人情報保護方針・勧誘方針・お客様本位の業務運営方針

ご提供頂いた個人情報及び個人履歴は、下記規定に基づき取扱わせていただきます。

弊社の勧誘方針につきまして、下記規定に基づき取扱わさせていただきます。

弊社はお客様本位の業務運営方針に基づき運営しております。

(1) 当社の個人情報に関する取扱いについての基本方針
 当社は、個人情報保護の重要性に鑑み、また、業務に従事するすべての者が、その責任を認識し、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)その他の関連法令・ガイドラインを遵守して、個人情報を適正に取り扱うとともに、安全管理について適切な措置を講じます。
 当社は、個人情報の取扱いが適正に行われるように従業者への教育・指導を徹底し、適正な取扱いが行われるよう取り組んでまいります。また、個人情報の取扱いに関する苦情・相談に迅速に対応し、当社の個人情報の取扱い及び安全管理に係る適切な措置については、適宜見直し改善いたします。
(2) 個人情報の取得
当社は、十分な安全管理措置を講じたうえで、業務上必要な範囲で、かつ、適法で公正な手段により個人情報を取得します。
(3) 個人情報の利用目的
 当社は、取得した個人情報を、下記の各保険会社の委託を受けて行う各社の損害保険、生命保険およびこれらに付帯・関連するサービスの提供等に利用します。その他の目的に利用することはありません。
 上記の利用目的の変更は、相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲においてのみ行い、変更する場合には、その内容をご本人に対し、原則として書面等により通知し、またはホームページ(URL)等により公表します。
  当社に対し保険募集業務の委託を行う保険会社の利用目的は、各社のホームページ(以下)に掲載してあります。
(4) 生命保険会社一覧
エヌエヌ生命保険株式会社
(https://www.nnlife.co.jp/)
アクサ生命保険株式会社
(http://www2.axa.co.jp)
アフラック生命保険会社
(http://www.aflac.co.jp)
ジブラルタ生命保険株式会社
(http://www.gib-life.co.jp)
SOMPOひまわり生命保険株式会社
(http://www.himawari-life.co.jp)
オリックス生命保険株式会社
(https://www.orixlife.co.jp)
ソニー生命保険株式会社
(http://www.sonylife.co.jp)
東京海上日動あんしん生命保険株式会社
(http://www.tmn-anshin.co.jp)
日本生命保険相互会社
(http://www.nissay.co.jp)
FWD富士生命保険株式会社
(https://www.fwdfujilife.co.jp)
ニッセイ・ウェルス生命保険株式会社
(https://www.nw-life.co.jp)
マニュライフ生命保険株式会社
(http://www.manulife.co.jp)
三井住友海上あいおい生命保険株式会社
(http://www.msa-life.co.jp)
メットライフ生命保険株式会社
(http://www.metlife.co.jp)

(5) 損害保険会社一覧
東京海上日動火災保険株式会社
(http://www.tokiomarine-nichido.co.jp)
三井住友海上火災保険株式会社
(http://www.ms-ins.com)
ソニー損害保険株式会社
(http://www.sonysonpo.co.jp)
(6) 個人データの共同利用
 当社は、お客様の個人データを下記のとおり共同利用者との間で共同利用する場合があります。
① 契約した共同募集代理店のすべてを共同利用者の範囲とします。
② 共同利用者の利用目的も、当社における個人情報の利用目的と同様とします。
③ 共同利用される個人データの項目は氏名・住所・電話番号・FAX番号・生年月日・性別など利用目的の達成の為、必要な個人データの項目します。
④ 個人データの管理について責任を有する者は下記当社の個人データ管理責任者とします。
(7) 個人データの安全管理措置
 当社は、取扱う個人データの漏えい、滅失またはき損の防止その他の個人データの安全管理のため、安全管理に関する取扱規程等の整備および実施体制の整備等、十分なセキュリティ対策を講じるとともに、正確性・最新性を確保するために、必要かつ適切な措置を講じ、万が一、問題等が発生した場合は、速やかに適切な是正対策をします。
(8) 個人データの第三者への提供
 当社は、個人データを第三者に提供するにあたり、以下の場合を除き、ご本人の同意なく第三者に個人データを提供しません。
① 法令に基づく場合
② 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
③ 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
④ 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
(9) センシティブ情報の取扱い
 お客様の健康状態・病歴などのセンシティブ情報につきましては、保険業法施行規則および「金融分野における個人情報保護に関するガイドライン」により、お客様の同意に基づき業務上必要な範囲で利用するなど業務の適切な運営の確保その他必要と認められる場合に利用目的が限定されています。
当社はこれらの利用目的以外には、センシティブ情報を取得、利用または第三者提供しません。
(10) 当社に対するご照会および開示・訂正・追加・削除・利用の停止等
 下記お問い合わせ窓口にお問い合わせください。また保険事故に関するご照会については、下記お問い合わせ窓口のほか、保険証券に記載の事故相談窓口にお問い合わせください。
お客様がご本人であることをご確認させていただいたうえで、業務の適正な実施に著しい支障をきたす等の特別の理由がない限り、適切に対応させていただきますので、あらかじめご了承願います。

(11) 【お問い合わせ窓口】
〒810-0011福岡市中央区高砂1-9-3  六月田ビル2F
 株式会社 プロテック 
TEL 092-523-2250 FAX 092-523-2260 フリーダイアル 0120-725-345
【受付時間】平日9:00 ~ 18:00 (年末年始・お盆を除く)
【ホームページ】http://www.fp-protec.jp
(12) 勧誘方針
【基本方針】
・お客様の立場に立ってその意思を尊重し、誠実な営業活動を行います。
・取扱い保険会社が定めた取扱方法および法令等に則り、適正な営業活動を行います。
・金融のプロフェッショナルとして、知識向上のため研鑽に励み、質の高いサービスを提供します。
(13) 1 適切な勧誘
・お客様からのご相談・ご要望等には迅速かつ誠実に対応いたします。
・お客様のご迷惑になる時間帯・場所である旨のお申し出があった場合には勧誘は行いません。
・威迫的勧誘等、お客様を著しく困惑させるような行為はいたしません。
・お客様に保険料等の割引、割戻し、立替えその他、特別利益の提供にあたる行為はいたしません。
・保険契約者の本人確認および被保険者の同意を確実に得ます。
・お客様には、告知義務があること、また、この告知義務に違反した時は保険契約が解除される事を説明し正しい告知が得られるように努めます。
(14) 2 適合性の法則
・お客様の加入の目的に照らして適当と認められる商品の勧誘を行います。
・保険契約をお勧めするにあたっては、妥当な保険金額、給付金額等、お客様の資力、財産その他の属性を勘案し、取扱い保険会社の規程に則した運営管理を行います。
・外貨建保険、変額年金保険等のようにお客様がリスクを負っている商品のお勧めにあたっては、お客様の加入目的や財産状況等に照らして適当と認められる勧誘を行います。
(15) 3 募集資料の取扱い
・募集資料は、取扱い保険会社の規定にしたがった資料のみを使用します。
(16) 4 誤認防止
・保険商品とその他の金融商品を明確に区別し、誤解を招くことがないよう取扱います。
(17) 5 説明義務
・お客様の不利益となる事実について正確に説明いたします。
・お客様の判断を左右すると客観的に考えられる重要事項について、書面の交付等により説明を行い、十分な理解が得られるように努めます。その際、将来の不確実な事項について断定的な説明はいたしません。
(18) 6 保険料等の授受
・お客様から現金等をお預かりする場合には、取扱い保険会社が発行する正規の領収証と引換えとし、それ以外での授受は行いません。また、一定金額以上もしくは商品によっては、お客様から取扱い保険会社指定金融機関への直接の振込をお願いする場合があります。
(19) 7 顧客情報の保護
・お客様のプライバシーを保護し、業務上知り得たお客様に関する情報については厳重な管理を行います。
(20) 8 反社会的な申し出の受入拒否
・申し出の意図が、社会的・倫理的見地からみて不当であると思われる場合には、その申し出をお断りします。
(21) お客様本位の業務運営方針および取り組み
(22) 1.経営理念。
株式会社プロテックは、お客様の様々なリスクにおいて可能な限り質の高い情報、サービス、保険商品を提供します。
(23) 2.お客様に寄り添う分かりやすい情報提供。
株式会社プロテックは、保険契約時はもちろんのこと、契約後も担当募集人を中心に、契約店舗にて複数の募集人で担当しつつ、会社全体としてアフターフォローを行い、親切・丁寧・迅速に対応し、お客さまの生涯のパートナーとして、継続的なサービスの提供を行ってまいります。
(具体的な取組み)
ご契約後、お客さまの家庭環境や経済的環境などが変化し、当初ご契約いただいた内容が、お客さまのニーズに合わなくなることも考えられます。また、新しく発売された保険商品がお客さまのニーズにより合致することも考えられます。このような状況を踏まえ、常にお客さまに寄り添い、末永くフォローすることが最善だと考えています。
また、株式会社L.T.V顧客管理システム「CSB」を採用し、契約情報の一元管理や、今までの対応履歴を残すことによって、担当募集人以外でも、常にお客さまのご相談に対応できるよう体制を整えています。
(24) 3.お客様の最善の利益を図ります。
株式会社プロテックは、お客様の最善の利益を図るべく、お客様の利益を不当に害することがないように、保険分野における専門性を高めるとともに職業倫理を強く意識して業務を遂行します。
(具体的な取組み)
お客様の利益を不当に害することがないよう、利益相反を抑止するとともに、現状のお客様本位の取り組みに満足することなく、常に業務改善を模索し続け、お客様の苦情に真摯に耳を傾け、サービスの向上を行ってまいります。
募集人には、積極的にファイナンシャルプランナーの資格取得を奨励し、金融の専門家としてお客様の最善の利益を図ります。
(25) 4.お客様に最適な保険商品およびクオリティの高いサービス提供いたします。
株式会社プロテックは、お客様にとって真に役立つ保険商品およびお客様の立場に立ったクオリティの高いサービスの提供に努め、保険商品を提案・推奨する際には「当社規則」に則り、お客様の潜在的なニードやご意向、ご加入の目的等を把握したうえで、お客様一人一人にふさわしい保障を提供いたします。
(具体的な取組み)
お客様のご意向・現状・知識・目的・年齢等すべてを考慮のうえ、基本的な保険の知識の提供や、商品の特性などお客様に適した商品の提供を行ってまいります。
特にご高齢のお客さまへの保険募集に際しては、全保険商品を対象として当該高齢者や保険商品の特性を勘案したうえ①2親等以内のご親族が同席すること②2回以上面談を行うこと③保険契約申込後の募集を行った者以外の募集人による電話確認などをルール化しています。申込時は契約内容を十分理解されていても、契約から年数が経過し契約時の記憶が薄れてしまうことも想定され、将来、申込に至った経緯や打ち合わせの内容などを振り返ることが望ましいと考えて、株式会社L.T.V顧客管理システム「CSB」を採用し、申込時における商談内容の記録を残し、後々もその内容が確認できるよう募集人に対し周知・指導しています。
(26) 5.お客様の最善の利益を図るための業務運営を確かなものとするための意識を醸成するための枠組みを構築します。
株式会社プロテックは、お客様本位を実践するため教育・研修などの整備を行うとともに、本方針の浸透に向けた取り組みを進めていきます。
(具体的な取り組み)
お客様の最善の利益をお守りするために、教育・研修を継続的に実施いたします。
(27) 6. 適切な保険募集の管理態勢。
株式会社プロテックは、所属長における募集人の募集品質のチェックを行い、代表取締役と連携することにより、適切な保険募集や利益相反の管理が行われるようにしています。さらに監査を受けることにより管理体制の強化を図ってまいります。
(具体的な取組み)
お客さまの不利益になるような保険募集を行わないよう、株式会社L.T.V顧客管理システム「CSB」を採用し、所属長が募集の業務記録の内容を分析・検証し、必要に応じて個別指導を行います。また、代表取締役による早期消滅契約、苦情などの報告書をもとにオフサイトモニタリングを行うとともに、拠点訪問によるオンサイトモニタリングを行うなど、その結果を分析・検証し、改善のための教育・指導を行っています。
苦情を、不満足の表明があった全てのものと定義し、甚大なものから軽微なものまで幅広く報告をするよう体制を整え、毎月社内で共有し業務改善・サービス向上につなげています。