ブログ

ブログ

クーラー病

皆さまこんにちは☀ゆめあんしんプラザの町田です!

最近、暑くてじめじめしているので

クーラーをガンガンにかけてしまう・・・そんなことありませんか?

しかし!クーラーに頼ってばかりいると「クーラー病」にかかり

体温が調整できにくくなるなどの症状に苦しめられる可能性があります😵

今日はそんなクーラー病について話したいと思います。

クーラー病の主な症状としては

・筋肉の冷えによる肩こり、腰痛

・血流やホルモンバランスの乱れによる頭痛、めまい

・血行不良によるむくみ

等があります。

クーラーをつけて上記のような症状がでたら要注意です!

また、クーラー病に何故なるのかというと

実は自律神経の乱れが原因と言われています。

人は自律神経によって体温の調整をしていますが

真夏の暑い屋外からクーラがガンガンに効いた屋内へ

行ったりすることで、体温調節が環境の変化に追いつけず

自律神経の働きが乱れてクーラー病になるそうです!

よって、クーラー病を防ぐには自律神経を整えることが重要です。

自律神経を整える方法として

・軽い運動

・お風呂で38~40度のお湯に15分程浸かる 等

血行がよくなり、汗をかくことで自律神経の回復になるそうです。

また、クーラー病にならないようにするためにも

クーラーの設定温度は外気の温度-5度を目安にすると良いそうです。

クーラーとうまく付き合って、今年の夏も乗り切りましょう😁